生理 ニキビ

生理の時期ににニキビができる原因と対策

生理前や生理中などにニキビができやすいのはなぜ?

生理ニキビ

生理前後、生理中にニキビができやすくなります。

生理の期間は、それだけでも憂鬱になったりイライラしたりするのに顔にニキビができたりお肌が荒れると更に気分が下がりますよね。

 

特にフェイスラインや口周りにニキビができやすくなります。
またニキビだけでなく、乾燥や肌荒れも起こしやすく、お肌にとって非常に注意しなければならない時期でもあるのです。

 

しかし、なぜ生理前や生理中にニキビができるのでしょうか?
その原因を知ってニキビ対策を行いましょう。

 

 

生理の時にニキビができる原因

 

生理の時期になると、女性ホルモンが活発になります。
この女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが増加されます。

 

この黄体ホルモンは、ニキビの原因となるアクネ菌をたおる抗菌ペプチドを減少させる働きをします。つまり、女性ホルモンが活発になることで、アクネ菌を減少を妨げてニキビができるのです。

 

また、生理の期間は、どうしてもストレスが溜まったり、生活習慣が崩れてしまいがちになります。するとアクネ菌が増殖したり、毛穴の皮脂が詰まりやすくなったりとお肌に悪影響を及ぼすのです。

 

これらが生理の前後、生理中に顔にニキビができる原因なのです。

 

また、生理の期間にできるニキビの特徴は、顔の口周辺やアゴ、頬などのフェイスラインによくできます。これらは、生理やストレスなどの影響を受けると、乾燥やニキビができやすい場所でもあります。

 

 

生理の際のニキビ対策

 

生理による女性ホルモンのコントロールは非常に難しいですが、できる限りニキビを作らない対策というのは必要になってきます。

 

生理の時のニキビができる原因でも述べたように、黄体ホルモンだけでなく、生活習慣やストレスも関係してきます。

 

生理前後になると、イライラしたりストレスが溜まりやすくなります。
精神的な要因はニキビができる体質を作り上げてしまうので、できうる限り、ストレスを軽減させることが重要です。

 

音楽や運動などリラックスできる環境をつくりましょう。
また生活習慣も崩れないように、栄養ある食事や十分な睡眠を心がけましょう。

 

また、皮脂の詰まりを抑えるために洗顔、乾燥を防ぐための保湿などは特に意識してケアすることも重要です。

 

生活習慣を正して、お肌のスキンケアを怠らなければ生理の時のニキビに悩むことは格段に減るでしょう。

 

ニキビ対策におすすめのニキビ洗顔料はこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ