ニキビ 種類

ニキビの種類と状態

ニキビの種類とその状態(白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・ニキビ跡)

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因になります。
男性ホルモンの増加やホルモンバランスの乱れにより皮脂が過剰に分泌。
それが毛穴に詰まることによってニキビができます。

 

この皮脂や汚れが毛穴に詰まっている状態が見えるのが黒ニキビ
毛穴が閉じて盛り上がって白く見えるのが白ニキビ
黒ニキビや白ニキビにアクネ菌が増殖して炎症を起こして赤く見えるのが赤ニキビと呼ばれます。

 

つまり、ニキビができ始める初期の状態を黒ニキビ、白ニキビで、そこから悪化した段階が赤ニキビといえます。

 

赤ニキビまで発展すると、炎症が広がり大きなニキビ、深いニキビになり皮膚組織が傷ついてしまします。さらにそこからニキビ跡まで発展して、酷い場合にはクレーター状の凸凹ニキビ跡になります。

 

ニキビは、初期の黒ニキビや白ニキビから赤ニキビ、そしてニキビ跡まで同時に進行しているような状態もあるので、ニキビを治すには難しいと感じるられるかもしれません。

 

白ニキビと黒ニキビを改善するには、毛穴に詰まった皮脂を取り除く洗顔が必要です。
赤ニキビにおいては、皮脂の取り除きに加えて炎症を抑えることが必要。

 

ニキビ跡に関しては、できる限り肌に潤いを与えてターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を促進させて新しい皮膚組織を作ることが大切なのです。

 

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡、これらの状態になるということは肌が健康な状態ではない証拠です。肌を健康な状態に戻すには、皮脂を取り除き清潔にして、保湿を与えることが先決。

 

ニキビに効果的な洗顔料や化粧水、乳液などを使ってケアして、様々な種類のニキビを改善し予防していきましょう。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ