ニキビ 悪い生活習慣

ニキビに悪い生活習慣

ニキビを作り出す悪い生活習慣とは

ニキビというのは体の不調から発生するもので、いわば体が何かしらの危険信号を形であらわしているものなのです。そんなニキビができてしまう原因は主に生活習慣にあります。
今回はニキビを作り出してしまうような悪い4つの生活習慣をまとめてみました。

 

ニキビに悩んでいる方は、これらを避ける為にも参考にしてみてはいかがでしょう。

 

外食を避ける

まずは社会人や大学生のとても多い外食です。
外で働いている方は致し方ない所があるとは思うのですが、外食というのは味付けが濃くできており、油分もとても多くなっています。
つまり、どうしてもニキビの原因となる皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

 

これを避けるためには外食よりも自分で内容を調整できるお弁当を作ってみるといいでしょう。
お弁当なら野菜も多めにとることができる上に自分の好きな量に調整することができます。
働いている方は忙しいとは思うのですが、少しの早起きで頑張って用意してみましょう。
ニキビ肌によい食品の栄養はこちら

 

寝不足・睡眠不足を避ける

料理をするからといって睡眠時間を削るということは絶対にしてはいけません。
睡眠時間を削るということはそれだけ体が不調を訴え始めるために、またニキビが増えていってしまうのです。
質の良い睡眠でニキビを改善

 

運動不足を解消する

意外と知られていない部分では、運動不足などもニキビの原因となっております。
これは運動を怠ることによって血行が悪くなるためで、血行が悪くなるということは新人代謝が低下してしまうということで、そうなると肌の古い代謝物がなかなか落ちていかず、結局それがニキビの原因となっていくのです。
さらにはホルモンバランスも乱れていってしまうので、それもまた皮脂の発生源となりニキビの発生につながります。

 

不潔にしてはいけない

不衛生なのももちろんダメで、仕事終わりというのは面倒でシャワーなどを浴びることすらしたくないときがあります。
しかしそうやって不潔にしていると、顔にごみがついたままの状態となり、それが寝ている間にニキビ発生の元となってしまうのです。

 

 

このようにニキビ発生を防ぐためにはいろいろなことに注意を払う必要があるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ