ニキビ跡 改善

ニキビ跡を内側から改善した体験

ニキビ跡改善には身体の内側から!3つの取組みとは

nikibiatokaizen

ニキビ跡はニキビに比べて何倍も厄介なものです。

 

塗り薬や化粧品など、いくら外側から働きかけてもそれには限界があります。というのも、私は少し前まで繰り返すニキビ、それに伴うニキビ跡に悩んでいました。

 

原因はわからないのですが、急に頬や顎を中心に赤ニキビがたくさんできたのです。以前よりニキビが出来やすい体質ではありましたがこんなにも治りが遅いのは初めてでした。

 

同じ場所に何度も繰り返し、その内にニキビ跡となるものも出てきました。最初のうちはとにかく化粧品をニキビ専用のものに変えたり、市販の塗り薬、時には皮膚科で薬をもらうこともありました。

 

ですが、ニキビ専用のものは皮脂を取り過ぎて逆に乾燥してしまったりなど、一向に良くなる気配はありませんでした。そこで、外ばかりに目を向けるのではなく内側から肌を綺麗にすることを考えようと思いました。

 

ニキビ跡の改善に取り組んだ3つの方法

 

私が主に取り組んだことは、食事の改善良質な睡眠漢方薬の3つです。

 

食事に関して

syokuzinokaizen

まず食事ですが、徹底して身体に良いものを摂るように心がけています。
外食はなるべく控え、ファーストフードやインスタント食品もほぼ食べません。

 

基本は、三食とも和食及び野菜中心メニューです。
それでも朝と昼はパンやパスタになることはたまにありますが、最低限菓子パンは食べなかなったり少しでも野菜を取り入れることが大事です。

 

夜は一番力を入れるところで、一汁三菜が理想です。
白米を雑穀米などに変えるだけでも栄養素がグンと上がるのでおすすめです。

 

さらに主食に加えて大切になってくるのがおやつです。
食後や夕方になるとついつい甘いものをつまむことも多いかと思いますが、糖分はニキビなどの肌荒れには大敵です。

 

私も以前は甘いものが大好きで、駄目だとわかっていながらも我慢出来ずに食べていました。
ただ、いきなり全く食べないというのは難しいと思います。
なので、毎日食べているのならそれを3日に一回にしたり、徐々に減らしていくのがベストです。

 

あとこれは期間限定ではいけません。
長く続けるためにも、適度には食べることです。

 

ただその時、スナック菓子や洋菓子ではなく出来る限り和菓子などにすることがポイントです。
飲み物も同じで、砂糖のたくさん入ったジュース類は控えて基本は水かお茶を飲むようにします。

 

コーヒーや紅茶であれば一日一杯程度なら問題はありません。
ただ砂糖は少量にすることが大事です。

 

睡眠に関して

suimin

次に睡眠ですが、これは食事と同じくらい重要です。ただたくさん眠れば良いというわけではなく、一日7〜8時間を目安として眠りの質も意識しなければいけません。
寝る数時間前にゆっくりお風呂に浸かったり、お風呂上がりに軽くストレッチをすると良いです。

 

また、寝る直前はスマホやテレビの画面を見ることは避けましょう。
これを辞めるだけでも翌日の肌の調子が変わります。

 

漢方に関して

kanpou

最後に漢方薬ですが、これは合う合わないがあるので一概にどれが良いかは言えないのですが、身体に合うものが見つかればその効果は抜群です。

 

漢方薬というのは塗り薬などと違って効き目がかなり緩やかでかなり時間はかかります。
私は桂枝茯苓丸?苡仁という漢方薬を約一年前から今も飲んでいますが、効果が出るまでに半年ほどかかりました。

 

もちろん人によってもう少し早い場合もありますが、逆に何年もかかってしまう人もいます。
それで途中で嫌になって辞めてしまう人が多いのですが、本気でニキビ跡と向き合おうと考えている人にはおすすめです。

 

私はこの3つの方法を続けることでニキビ跡がほぼ改善されて、今ではすっぴんでも気にならないくらいにまでなりました。

 

最初のうちはなかなか効果が出なくて辛かったですが長い目で見たら絶対に化粧品に頼るよりも内側から治すほうが良いです。

 

内側から綺麗にすることで、ニキビが出来にくい体質になりました。

 

人気記事:ニキビ洗顔ランキング 効果ある洗顔料はこれ!


ホーム RSS購読 サイトマップ