ニキビ 化粧

ニキビと化粧メイクの関係

ニキビ肌はファンデーションなど化粧してはいけないの?

「化粧はニキビを悪化させる。」

 

そう思っていませんか?
また、そのような話を皮膚科医の先生から聞いたことはありませんか?

 

化粧メイクは、女性にとって必要不可欠なもの。
ニキビがあっても化粧メイクはしたいし、
何よりニキビがあるからこそ化粧で隠したいと思う気持ちは当然です。

 

いつも化粧をしているのに、ニキビが原因で化粧ができなければ
それだけでストレスになり逆にニキビが悪化することもあります。

 

では、実際に化粧がニキビに当たる影響はあるのでしょうか?

 

化粧とニキビとの関係

 

なぜ化粧はニキビに悪いという話があるのか?
それは、ファンデーションの成分が原因です。

 

主にリキッドファンデーションは、油の成分が入っています。
長時間肌に塗布していると、皮脂と混ざり酸化する恐れがあります。

 

また、メイク中はニキビに触れることも多くなるので
化粧そのものよりも触ることでニキビが悪化します。

 

そういった関係から、ニキビが悪化すると言われたり、
化粧を控えることを進める皮膚科医がいるのです。

 

 

ニキビがあっても化粧してよい

 

しかし、そういったニキビと化粧の関係さえ理解していれば、
ニキビが顔にあったとしてもメイクをすることは可能なのです。

 

今ではファンデーションの品質も向上して
必ずしも肌を荒らすものも少なくなりました。

 

またファンデーションを選ぶ際は、
油成分の多いリキッドファンデーションよりも
パウダーファンデーションを選びましょう。

 

メイク時間もなるべく短縮して、
自宅に帰るとすぐに洗い流すように心がけましょう。

 

 

ニキビを隠すメイク法

 

ニキビを隠すためにコンシーラーやファンデーションを
塗り重ねようとすることは厳禁です。

 

あくまで薄くファンデーションを塗ることや、
ニキビのある部分をあまり触れないようにすることが鉄則。
赤い部分を目立たなくするぐらいで十分です。

 

上手にニキビを隠す秘訣としては、ファンデーションよりも
アイメイクやリップなどを入念に行うこと。

 

眼や口は、ニキビができることがないので、
色使いなどでインパクトを持たせて、ニキビへの視線をズラすことがポイント。

 

ニキビがあるとどうしても、視線にストレスを感じると思いますが、
相手の視線を眼や口に向けることによって、上手に隠せるのです。

 

ニキビと化粧のまとめ

 

化粧を行った日は、必ず帰宅後すぐに洗い流すこと。
外出しない時やメイクが必要でない日は、
肌への刺激を避けるために化粧メイクは控えて肌を休ませましょう。
そして、洗顔や保湿などでスキンケアを怠らないように心がけましょう。

 

これらを意識して、ニキビが無くなるまで上手に付き合っていくことが大切です。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ