酵素洗顔 ピーリング洗顔

酵素洗顔とピーリング洗顔について

ニキビに効果的な酵素洗顔とピーリング洗顔の特徴

洗顔

ニキビケアとしてよく使用される洗顔料には、ニキビ専用の洗顔料の他に、酵素洗顔ピーリング石鹸orフォームがあります。

 

この2つの洗顔料にはどのような違いがあって、どちらの方がニキビケアとしての効果が高いのでしょうか。

 

酵素洗顔について

基本的に酵素洗顔はパウダータイプになっており、青パパイヤの酵素を主成分として用いている製品が多くなっています。

 

酵素洗顔は、厚くなった肌の角質や毛穴に詰まった角栓を分解する効果があります。ただ湿気にとても弱く、お風呂場での使用は効果を減少させてしまいます。

 

ピーリング洗顔料について

一方でピーリング成分が配合された洗顔料は、石鹸を筆頭にフォームタイプなど色んな種類の製品が出回っています。

 

ピーリング洗顔料も酵素と同じように肌に蓄積した角質を取り除く効果があるのですが、分解するのではなく「剥がす=ピール」する事により角質を除去するものです。
その為、酵素のように角栓を分解する事は出来ません。
ただ角栓を緩める事によって取り除きやすくする効果はあります。

 

またピーリング洗顔料には、肌のコラーゲンを増やしたりターンオーバー促進効果によりニキビ跡にも効果を発揮します。

 

角質層が厚くなる事で毛穴が詰まりニキビが発生しますから、酵素洗顔もピーリング洗顔もニキビには効果がある事は間違いありません。

 

ですが角栓が気になるような場合には酵素洗顔、ニキビ跡の改善や美白効果も期待したいのならピーリング洗顔料の方がメリットが高いと言えるでしょう。

 

ただしどちらも低刺激な洗顔料とは言えませんから、始めは週に1、2回から使ってみる事をお勧めします。また使用した後は、しっかりと保湿をしないと逆に肌荒れの原因となることもあります。

 

悪化したニキビの場合は、酵素洗顔でもピーリング洗顔でも刺激を感じる可能性があるので、そういった時は使用を中止しましょう。

 

酵素洗顔もピーリング洗顔も思春期ニキビにも大人ニキビにも分け隔てなく効果を発揮します。
ニキビに悩んでいるのなら、年齢に関わらず酵素洗顔やピーリング洗顔を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

刺激が少なくニキビに効果的な洗顔料はコチラをご覧下さい。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ