ニキビ 化粧水 保湿

ニキビ予防に化粧水で保湿する

ニキビ予防には化粧水による保湿ケアが効果的

hoshitu

ニキビの原因は、食生活の乱れやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や運動不足など多くあります。しかしこれらは、いずれも間接的な原因です。

 

ニキビの直接的な原因は、毛穴の中でのアクネ菌の異常増殖にあります。
肌には本来アクネ菌がある程度は存在しているのですが、これが毛穴に入り込み、なおかつその表面が皮脂で覆われてしまうと、アクネ菌は逃げ場を失ってその場で増えていきます。これにより肌が炎症を起こすと、ニキビができるのです。

 

したがってニキビ予防では、皮脂で毛穴を塞がないことが肝心と言えます。
具体的には、化粧水を使ってしっかりと保湿ケアをすることが効果的です。

 

なぜなら皮脂は、肌が乾燥することで多く分泌されるからです。皮脂は元々は、肌を空気の乾燥から守るために分泌されます。したがって肌が乾き、潤いが失われれば失われるほど、分泌量が増えます。

 

逆に言えば、潤いが保たれていれば分泌量が少なくなるということです。そのため、保湿成分が配合されている化粧水を使うことが大事なのです。

 

保湿成分セラミドとは

保湿成分には様々なものがありますが、ニキビ予防に特に効果的とされているものは、セラミドです。セラミドは、肌細胞の隙間を埋める働きをする保湿成分です。

 

セラミドが肌にたっぷりと存在していれば、肌細胞のひとつひとつが包まれたような状態になることで、内部の水分が抜け出にくくなるのです。さらに、包まれているわけですから肌細胞は物理的な刺激も受けにくくなります。

 

肌は、衣服などに強くこすれることで表面が削れるのですが、これも乾燥の原因となります。
しかしセラミドで守られていれば、それも防がれやすくなります。

 

 

化粧水による保湿ケアの具体的な効果

kesyousui

また、化粧水による保湿ケアには、肌の角質を柔らかくするという効果も期待できます。
角質もまた、肌を乾燥した空気から守っています。

 

そのため肌が乾燥しがちになれば、角質はもっとしっかりと守るために、硬度を高めていきます。
乾燥肌がゴワゴワとした手触りになるのは、そのためです。

 

そして角質は、古くなると垢として自然に剥がれていきます。
通常の柔らかな角質はスムーズに剥がれ落ちるのですが、硬化した角質は、毛穴の中に詰まることがあります。

 

これもやはり、毛穴にアクネ菌を閉じ込めるという、ニキビの原因となります。
しかし化粧水で潤いを与えておけば、角質は柔軟な状態を保つことができます。硬化しにくくなるので、毛穴に詰まる可能性は低くなりますし、これによりニキビもできにくくなるのです。

 

このように化粧水での保湿ケアは、ニキビ予防に有効なのです。
ただし化粧水は、洗顔後や入浴後など、肌を洗い流した後に使うことが大事です。

 

なぜなら余分な皮脂や古い角質が付着している状態で使っても、セラミドなどの保湿成分が十分には浸透しないからです。
そのためまずは、それらをきれいに洗い流します。ゴシゴシと強くこすると、肌が衰えることでかえって乾燥しやすくなるので、界面活性剤が少なめの低刺激な洗顔料などを使いましょう。参考記事:ニキビ洗顔ランキング 効果ある洗顔料はこれ!

 

角質が硬化してゴワゴワとしている時には、ピーリング石鹸を使うこともひとつの手です。アルカリ成分が、硬い角質を柔らかくほぐしてくれるので、こすることなく除去できるようになります。

 

そして十分に洗い流した後で、水気をタオルで取り除いてから、すかさず化粧水を使用します。
クリアになった肌に、水分と一緒に保湿成分がスルスルと浸透していくため、肌は奥底から潤った状態になります。

 

また、特に乾燥しがちな場所には化粧水の後で美容液を塗ると良いです。
美容液には、保湿成分がより高濃度で配合されているので、使用により肌が一層潤いやすくなるのです。

 

それでも乾燥するという場合には、仕上げとして保湿クリームで肌の広範囲をコーティングしましょう。これにより、化粧水や美容液の保湿成分が肌から逃れにくくなれば、潤いが長時間保たれるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ