ニキビ 漢方

漢方で内側からニキビ改善

漢方の力で身体の中からニキビを治そう

漢方

ニキビ治療は、ピーリングといった施術や外用薬だけではなく身体の内側から根本的な改善を目指す漢方治療といったものがあります。

 

漢方治療では体質にあった漢方を摂取する事で、ニキビを治すだけではなくニキビが出来ない肌に体質改善をしていくものです。

 

ドラッグストアや漢方薬局などでも購入する事が出来ますが、皮膚科で処方してもらうと健康保険が利くため割安で手入れる事が可能です。

 

ですが、どの皮膚科でも漢方によるニキビ治療を行っている訳ではありません。
事前に電話やホームページで漢方治療を行っている皮膚科を探す必要があります。

 

また漢方をニキビ治療に用いる際に重要となってくるのが、体質にあった漢方を服用するという事です。体質に合わない漢方を服用しても効果は現れません。

 

一般的にニキビ治療に用いられる漢方には、以下のようなものがあります。

 

ニキビ治療に使用される基本的な漢方薬

 

十味敗毒湯

赤くて化膿したニキビが出来る人に向いている漢方です。
また、脂性の人にも適しており、桜皮が配合された十味敗毒湯は特に女性のニキビに効果的となっています。

 

清上防風湯

毛穴の開きが目立つ脂性で炎症性のニキビに悩む人に向いています。
のぼせやすく身体に熱がこもりやすい体質の方に用いる漢方です。

 

加味逍遥散

ストレスによるニキビ、白ニキビなど炎症の起きていないニキビに適しています。
体力が無く生理不順気味の体質の方に処方される事が多くなっています。

 

当帰芍薬散

赤みのないこもったニキビ、しこりの様なニキビによく効きます。
冷え性で浮腫やすい体質の方に合った漢方です。

 

 

このように漢方といっても、出来ているニキビの種類や個人の体質よって合う漢方は異なっています。自然治癒力を高める事で、ニキビ以外のトラブルや体調の改善など総合的な効果に優れているのが漢方によるニキビ治療のメリットと言えるでしょう。

 

漢方単独ではなく、外用薬やピーリングと併用してニキビ治療を行う事も出来ます。
漢方によるニキビ治療に興味がある方は、皮膚科や漢方薬局で相談してみると良いでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ