フェイスライン ニキビ 治し方

フェイスラインのニキビ原因と治し方

フェイスラインにニキビができる原因と治し方

フェイスラインにニキビができやすくなるのは20代後半からという人が多いです。
思春期の頃は頬にニキビができやすいですが、大人になってからのニキビは顎や顔の輪郭などのフェイスラインにニキビができやすい傾向にあります。

 

フェイスライン

 

フェイスラインにできてしまう大人ニキビは治りにくく、治っても何度も同じ箇所にニキビができてしまうこともあり非常に厄介なもの。
正しい方法でニキビケアすることが大切になってきます。
なぜ大人になるとフェースラインにニキビができやすいのかというと、原因は複数あります。

 

乾燥

一つは乾燥です。思春期を過ぎると皮脂の分泌が穏やかになります。
そうなると肌が乾燥しがちになってしまう人も多いのです。乾燥すると体が危険信号を発して皮脂を無理やり分泌するようになります。
そうするとどうなるかと言いますと、皮脂によって毛穴に汚れが詰まりそこからニキビの原因である菌が発生して肌に炎症をおこしニキビができてしまいます。

 

ホルモンバランス

そしてもう一つは、ホルモンバランスが乱れることが原因だと言われています。
ストレスを溜め込んだり、暴飲暴食や不規則な生活などを繰り返しているとホルモンバランスが乱れて、フェイスラインにニキビができやすいのです。

 

フェイスラインにニキビができてしまった場合は正しい方法でケアすることが必要です。
具体的な方法は、まずは不規則な生活やストレスが原因でニキビができてしまっている場合は規則正しい生活のリズムを作ることから始めましょう。

 

食事や適度な運動などの他、最も重要なのが寝る時間帯です。人間は肌の再生をする時間帯というものがあります。それは夜の10時から夜中の2時までの時間帯が一番活発だと言われています。この時間帯にしっかりと睡眠をとることでニキビの治りを早くすることができます。

 

洗顔

そしてもう一つの乾燥が原因でニキビができてしまう時のケア方法です。
ニキビケアで大切なのは洗顔なのですが、普通の洗顔フォームでは肌の油分を多くとってしまいます。

 

しかし、ニキビ専用の洗顔フォームは保湿成分を配合したものがあるので、そちらを使用して洗顔後の急速な乾燥を防ぎ、その後化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと保湿することで、フェイスラインのニキビを治しやすくしてくれるでしょう。
おすすめの洗顔料はこちらのニキビ洗顔ランキングを参考にして下さい。

 

 

フェイスラインの頑固なニキビはホルモンバランスを整え、乾燥を予防することが大切です。
そして正しい洗顔料を使うことで、フェイスラインニキビは改善に導かれることでしょう。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ