にきび 睡眠

睡眠がニキビに影響する

質の良い睡眠でニキビを改善

よか石けん

睡眠はニキビに影響することをご存知ですが?

 

人間の肌と睡眠はとても重要な関係があります。
睡眠中に人間は成長ホルモンされ肌のターンオーバーが起こります。ターンオーバーとは、古くなった皮膚が新しい皮膚に生まれ変わる新陳代謝のこと。

 

つまり、寝ている間に成長ホルモンが分泌されることによって
お肌のターンオーバーが起こって、毎日肌が新しく生まれ変わるのです。

 

睡眠不足や熟睡ができないと、成長ホルモンの分泌やターンオーバーが
正しく行なわれずお肌が荒れたり、ニキビの原因にもなるのです。

 

逆に十分な睡眠をとることにより、肌を新しく生まれ変えて、ニキビ改善に導きます。

 

特に、肌に良いとされる睡眠時間帯のゴールデンタイムというものがあります。
そのゴールデンタイムというのは肌がターンオーバーが活発に起こるといわれている時間帯で
およそ夜22時から深夜2時にかけてを示します。

 

その時間に皮膚が、古いものから新しいものに生まれ変わるので、
ゴールデンタイムに就寝してれば、肌が新しく生まれ変わりやすいのです。
もちろん、新しい肌に生まれ変わるのでニキビ肌にも効果的ですよね。

 

ニキビ肌で悩んでいるならば、このゴールデンタイムには就寝しておくことをお勧めします。
しかし、現代人にとって22時に寝ることは難しいかもしれません。

 

そういった方は、眠りについて最初の3時間は熟睡できるように心がけて下さい。
一般的に成長ホルモンは、寝始めて3時間位に分泌されるようなので、
早く寝ることあ難しい場合は、なるべく最初の3時間はぐっすり眠ることを
意識すれば、肌にとって質の良い睡眠となるでしょう。

 

 

ニキビ改善に熟睡する方法

 

それでは、快眠・熟睡するためにはどうすればいいのか、
詳しく解説してみましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

食事は2時間前までに

就寝直前に食事をとると胃に負担がかかり快眠を妨げます。
睡眠前には、できるだけ2時間以上前には食事を終わらせて起きましょう。
ちなみに寝る前に、ホットミルクやココアなどを飲んでリラックスすることはお勧めです。
しかし、コーヒーや緑茶などのカフェインが入ったものは絶対に避けましょう。

 

体をほぐすストレッチ

睡眠前に軽いストレッチをすることもお勧めです。
あまり激しくやり過ぎると、体が興奮状態になるので軽く体をほぐす程度で。

 

リラックスできる音楽を聞く

いつも寝付きが悪いという人は、クラシックやヒーリングミュージックなどを聞いて
精神をリラックスしてから寝ると熟睡できます。
照明なども明るすぎない方が、より心が落ち着きます。

 

とにかく質の良い睡眠を摂るにはリラックスすることが重要です。
音楽を聞いたり、ストレッチや軽い読書などで心身ともにリラックスしておくとよいでしょう。

 

逆に、テレビ、スマホ、パソコンなどを見ていると脳が刺激されて
寝付きが悪くなるので、寝る直前には使用を控えましょう。

 

睡眠は人間にとって非常に重要です。

 

睡眠と肌の関係はとても重要です。
ニキビを治したいと悩んでいるならば、洗顔料だけでなく良い睡眠を心がけて下さい。

 

質の良い睡眠は、新しい肌を作り出して、ニキビ改善や予防に導いてくれます。
より良い睡眠を意識して、お肌を休ませてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ