ニキビ 皮膚科 治療

ニキビは皮膚科で治療できるの?

酷いニキビは皮膚科で治療しよう

ニキビは医学的に皮膚病と診断されています。
つまり、ニキビは保険が効き病院で診察を受けることが可能なのです。

 

ニキビの正式名称は、医学用語でいうと尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれます。

 

ニキビは身近な肌トラブルですので、病院で診察を受けれることを知る人が少ないです。
また、知っていてもニキビを病院で診てもらうことは恥ずかしい、手間がかかるといって
受診を拒む方もいらっしゃいます。

 

軽度のニキビや、日常のスキンケアで治せるならば必要はありませんが、
酷い重度のニキビで真剣に悩んでいるならば、一度、皮膚科医で肌を診てもらうことをお勧めします。

 

 

ニキビの皮膚科での治療

 

ニキビを診察してくれるのが、皮膚科になります。
その皮膚科での治療はどのようなものがあるのか。

 

多くの場合、ニキビの治療は抗生物質などが配合された塗り薬、飲み薬などが処方されます。
ニキビ根が深く大きな場合はメスなどを使って簡単な手術をおこなう場合もあります。
また病院によっては肌に効果的なビタミンCの飲み薬なども処方されることもあります。

 

病院によって治療方法は様々ですが、基本的には塗り薬と飲み薬が主流となります。
よほど深く大きい酷いニキビでない限り、手術などは行いません。

 

また、最近でニキビが治った後のニキビ痕の治療も病院で行えるケースもあります。
特に女性に向けて美容系の医療サロンであるならば、レーザー治療なども行っております。

 

ニキビが長期的に続いて悩んでいる、大きくて深いニキビがズキズキするといった症状ならば、
迷わずに病院で治療することをお勧めします。

 

そこまで酷くないニキビは、日々のスキンケアで予防や改善することができますので、
毎日の洗顔や保湿を行うことは忘れずに。

 

ニキビ改善予防の為に、毎日の洗顔が大切です。
どんな洗顔料が効果的なのかしりたいならばニキビ洗顔ランキング 効果ある洗顔料はこれ!の記事も合わせてお読み下さい。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ