ニキビ跡

ニキビ跡はなぜできる?その原因と改善方法

ニキビ跡ができるその原因は?痕を残さない改善方法

嫌だったニキビがやっと治まってきた、そう思ってもニキビ跡が気になる。
そんなニキビ跡症候群の方が増えております。

 

ニキビ跡が残ると、薄茶色でシミのように残るために気になりますよね。
なぜニキビ跡が残るのか、どうすればニキビ跡を作らないでニキビを改善することができるのか。
その原因や改善策を調べてみましょう。

 

ニキビ跡には大きく分けて3種類に別れます。

 

赤いニキビ痕

まだニキビが完治とはいえない状態です。
皮膚の中に炎症が残っており、放置しておくと再びニキビができる原因になります。
また、赤いニキビ痕は後の薄茶色いニキビ痕に変化してく可能性があります。
ですので、赤く残っているラなば、ニキビが治ったと安心せずにスキンケアを続けましょう。

 

薄茶色のニキビ痕

シミやそばかすのように薄茶色く残るニキビ痕。
これは、ニキビでダメージを受けた皮膚を守ろうとメラニンが生成されて、
メラニン色素が沈着した状態になります。
茶褐色、薄茶色にニキビ痕が残れば、長期的に続く恐れがありますので、
一刻も早く改善する必要があります。

 

凸凹のニキビ痕

肌がクレーター状に凸凹状態になるニキビ痕。
非常に深く大きなニキビが長期的に渡って出来た時にできやすいです。
これはニキビ痕の中でも一番重症で、もとの肌に戻すのに長期的なケアが必要です。

 

ニキビ痕を改善させる治す方法とは

 

ニキビ痕は、ニキビによって皮膚がダメージを受けて乾燥している状態です。
乾燥がメラニン色素を引き起こす要因となります。

 

つまり、ニキビ痕を予防したり改善させるには、皮膚を十分に保湿することが大切。

 

皮膚を保湿することによって、肌が元の潤いを引き起こしてターンオーバーを活性化させます。
ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことで、ニキビ痕が残った皮膚を
新しくキレイな皮膚で剥がしていくということです。

 

肌を保湿することによって、ニキビ痕を改善してキレイな皮膚に戻す最善の策となるのです。
皮膚を保湿するためには、洗顔後に化粧水や乳液、美容液などで十分に水分補給を行いましょう。

 

皮膚が乾燥していると、ニキビ痕だけでなくシミやシワの原因にもなります。
ニキビがある時、無い時、痕が残っている時、どんな状況であっても
肌を保湿させることは、キレイな肌を保つ秘訣なのです。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ