マクロビオティック 望診法 ニキビ対策

身体や顔を観察する望診法でニキビ対策

マクロビオティック望診法でニキビ対策した私の結果

一時期、数はそんなに多くないものの顔にできたニキビに悩んでいました。
ニキビ専用の石鹸に化粧水などを使ってみましたが、効果はありませんでした。
しかし今私の顔にはニキビはありません。どうしてニキビがなくなったのかについてお話したいと思います。

 

健康的に痩せるためにマクロビオティックという食事療法を始めました。
玄米菜食のメニューで身体のバランスを整えていくものなのですが、その中に望診法という考え方がありました。

 

望診法とは中国医学の一つで、身体や顔を観察することにより健康状態を把握するというものなのですが、顔のどの部分にニキビが出たのかを見ることによって、その原因がわかるということを知ったのです。

 

顔

 

例えば顎にニキビができるのは、生殖機能に何かしらの問題が起こっており、卵を必要以上に摂り過ぎたせいだとわかるとのことでした。

 

このことを知ってからというもの、自分の顔をよく見て、どこにニキビができているかを探しました。そしてその部位が内臓のどの部分を表しているのかを調べて、原因である食べ物を摂らないように心掛けました。

 

するとマクロビオティックを始めてから、1年ほどでニキビができにくくなっていました。
身体は不必要なものを体外に排出しようとする働きがあります。
それにより過剰摂取したものを、顔を含む身体のどこかに出すわけです。

 

ニキビ専用の石鹸や化粧水を使っても効果がなかったのは、ニキビが生まれる原因を知らず、それを解決しなかったからなのです。
もちろん専用の石鹸や化粧品が悪いということではありません。

 

しかし原因を知ってそれを解決してから使う方が効果的ではないでしょうか。
今も望診法のお陰で肌のトラブルはありません。

 

もちろん外食や加工製品を多く摂り過ぎたり、寝不足が続いたりと不健康な生活をしていると、顔や身体にその症状が現れることはありますが、望診法により、すぐに対応することができるようになりました。

 

もしニキビで悩んでおられる方がおられるなら、一度試してみられてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事:
効果的にニキビを治すなら洗顔料選びは大切。おすすめのニキビ洗顔料ランキングはこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ