ニキビ アクネ桿菌

ニキビを作るアクネ桿菌とは

アクネ桿菌はニキビを作り出す原因

アクネ菌と呼ばれるものを聞いたことありませんか?
ニキビのCMなどでよく言われることが多いです。

 

アクネ菌の正しい名称はアクネ桿菌と呼ばれるものです。
このアクネ桿菌がニキビを作り出す菌なのです。

 

実は、このアクネ桿菌は本来人間の体にある細菌(常在菌)なのです。
ニキビというのは、まず白ニキビや黒ニキビのどちらかができます。
その中にアクネ桿菌が繁殖することによって炎症が起きて赤ニキビに進化するのです。

 

アクネ桿菌は、人間の脂肪を好み、空気の流れが少ないところにできます。
つまり毛穴が詰まって、皮脂が溜まってる白ニキビ黒ニキビの際に繁殖しやすいのです。

 

人間の体の中で皮脂の分泌が多い顔や背中、胸などはアクネ桿菌の数も多く
ニキビができやすい場所なのです。

 

アクネ桿菌は、毛穴に皮脂が詰まっている状態ですぐに繁殖するので、
白ニキビ黒ニキビができるとすぐに赤ニキビに発展することが多いのです。
大人ニキビ、思春期ニキビが赤ニキビが多いのはこの為なのです。

 

 

アクネ桿菌を繁殖させない為には、毛穴に皮脂を詰まらせないことが先決。
また、白ニキビや黒ニキビの早い段階かその前に、毛穴を清潔に保つことが重要なのです。

 

ニキビを作らない為に、改善や予防するためには、皮脂を取り除く洗顔がまずは大切。
こちら記事「ニキビ洗顔ランキング」に掲載されている洗顔料は、きめ細かな泡が毛穴奥に詰まった皮脂と取り除いてくれます。

 

いつも石鹸について考えていなかったならば、一度ニキビ専用の洗顔料を使うことをお勧めします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ